すっぴんでも美肌でいましょう~憧れのツルスベお肌~

潤いを守ってキープする

石けん

バリア機能が低下している乾燥肌は、極力肌に負担を欠けないスキンケアがポイントです。特に落とすケアは皮脂や潤い物質が失われがちですから、充分に注意しましょう。また、水分と油分をしっかりと基礎化粧品で与えてあげて、部分的に美容液を使うと効果的です。

View Detail

自分だけに合わせたコスメ

スキンケア

化粧水にはいろいろな種類がありますが、そういった中でも最近話題を集めているのが遺伝子検査によって作られる化粧水です。これは個人の遺伝子に合わせて作られているために、高級化粧水よりも効果を得られると言われて人気を集めています。

View Detail

お肌に良いものを使う

美容品

無添加化粧水には、添加物が含まれていないという意味で無添加と呼ばれているだけで、必ずしも安全ということではありません。これからはこの意味がさらに広く認識され、無添加化粧水が合う人は継続して使用するでしょう。何が入っているのかその成分について学ぶことが大切です。

View Detail

肌に優しいメイク落とし

スキンケア

ミルクとクリームタイプ

肌のバリア機能が低下していて皮脂などの分泌が少ないすっぴん肌は、極力刺激から肌を守るのが大切です。毎日のクレンジングは肌に大きな負担がかかることもありますから、潤いを残してくれるクレンジング剤を使用するのが大切です。負担の少ないタイプといえば、ミルクとクリームタイプです。界面活性剤の量が少なめでテクスチャーも緩めで水分が多いですから、手と肌との摩擦を防いでくれます。適度な洗浄力を持っていますから皮脂や潤い物質を奪いすぎず、乾燥肌には最適です。逆に負担が大きいのがシートタイプやオイル、リキッドタイプですから、極力使用を避けるようにしましょう。基本的につるりと簡単にメイクが落ちるクレンジングは、すっぴん肌への負担が大きいですから使わないようにするのがポイントです。

正しいメイクの落とし方

毎日のメイクはすっきりときれいに落とすのが基本です。また、セパレートクレンジングを心がけるようにして、ポイントメイクは先に専用のリムーバーで落としておくようにしましょう。そして、肌をこすったり力を入れすぎないようにして、優しく丁寧に行なうのが美肌の実現には大切です。特にバリア機能が弱い乾燥肌の方は少しでも刺激が加わってしまうと、皮脂や潤いといった美肌に重要な物質が失われる原因になります。また、充分に手のひらでクレンジング剤を温めてから肌に乗せると、メイクが落ちやすくなります。クレンジング剤を洗い流す時には、30度を目安にぬるま湯で行なうのが良いでしょう。あまりお湯の温度が高すぎると皮脂なども奪われてしまいますから、乾燥肌が悪化しますから、温度には注意しましょう。